3分

【Offer Box】ってどんなサービス?

この記事を読めばわかること(目次)
  • “Offer Box”が選ばれる理由って?
  • “Offer Box”はどこの会社が運営しているの?
  • “Offer Box”を利用するメリット・デメリットって?

今回の記事はでは、“Offer Box”のサービス内容や評判を紹介していきます。
主に21卒の就活生の声を基に作成をしてみました。

この記事を読んで、就活が加速して頂ければ嬉しいです。

公式HP https://offerbox.jp/

 

ここにボックスタイトルを入力

①就活生の「4人に1人」が使っているサービスで、登録企業数は7830社以上に上ります。
②スカウトアプリでは学生利用数、登録企業数共にNo.1
③大手〜ベンチャー企業まで幅広い企業が登録

Offer Boxといえば、本気のオファーが届くことで有名ですね。特別ルートで選考に進める可能性もあります!

理由①:就活生の「3人に1人」が使っているサービスで、登録企業数は7830社以上に上ります。

3人に1人って凄い高い割合ですね。コロナ禍で合同説明会に参加出来なくなった企業が、
今年はスカウトサイトで採用するという話を良く耳にします。今後とも就職活動に必要不可欠なサービスになっていきそうですね。

理由②:スカウトアプリでは学生利用数、登録企業数共にNo.1

新卒のスカウトサイトの中で知名度、実績共にNo.1です。リクナビ・マイナビの次に併用している就活生は圧倒的に多くなります。

理由③:大手〜ベンチャー企業まで幅広い企業が登録

幅広い企業からスカウトが来る事も魅力的な一つです。特にBtoBの企業ですと普段ほとんど耳にせず、知らない企業は沢山ある事でしょう。学生には知られていなくても、社会人だと知っているような有名企業も多々あるのも現実です。

Offer Boxの登録企業実績

(参照:https://offerbox.jp/)

\30秒で登録出来ます/
7830社も!最近だとナビに掲載せず、Offer Boxだけで採用をする企業も増えてきています。
どこの会社が運営しているの?

https://offerbox.jp/

会社名 株式会社i-plug (アイプラグ)
資本金 2億1,500万円
設立 2012年4月
代表取締役社長 中野 智哉
事業内容 新卒逆求人サイト「OfferBox」の運営
株式会社i-plugよりも、OfferBoxという名前の方が浸透していますよね。zozotownさんみたいですね!
メリット・デメリットって?

コロナ就活が思うメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット(利用オススメの就活生)
  • 積極的に情報を収集しにいくのが苦手な就活生
  • 大手企業や上場企業からオファーが欲しい就活生
  • 業界、職種が定まっておらず幅広く企業をまずは見てみたい就活生
  • 特別選考フローで面接を受けたい就活生

自分から情報収集をしなくても、待っているだけで情報収集が出来ます。メールが埋もれないように、スカウトサイト用のアドレスを作成して登録するのがオススメです!
デメリット(利用オススメしない就活生)
  • 受けたい企業が明確で、これ以上エントリーを増やしたくない就活生
  • 就活解禁前に複数社の内定を保有している就活生

現在、選考中の企業で内定が出そうなのであれば、利用しなくても大丈夫です!
\30秒で登録出来ます/